5月の来日ライブ間近♪ パク・シフ人気が沸騰した「王女の男」トレードマークの流し目でお姫様をノックアウト!?

(2ページ目/全4ページ)

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています

HCP71_050-057_PSH&MCW_sub2

──シフさんは「キスシーンが上手な俳優」として有名ですが。

シフ あはは、ありがとうございます(笑)。キスシーンはひとりだけが上手でもダメですよね。相手と息を合わせないといけません。今回は息が合っていたと思います(客席から「おおーっ」という声と拍手が上がる)。
チェウォン (にっこり笑顔で拍手)

──あらためてこのドラマの見どころは?

シフ たくさんありますが、映画にも負けないスケールの大きさ。前半に出てくる、船から脱出するシーンは画面も壮大で、名場面だと思います。
チェウォン 第10話以降、スンユは復讐に燃えるようになり、スンユの心の葛藤や、セリョンがスンユをどれだけ愛しているのかが描かれていきます。回でいうと第14話が見どころいっぱいです。

──ここでファンのみなさんからの質問コーナーです。まずはシフさんに質問ですが、最近覚えた日本語は?

シフ 「オツカレサマデス」。少し前に日本でファッションショーに出たときに覚えました。最初は発音が難しかったのですが、何度も練習して習得しました。

──チェウォンさん、美しいお肌の秘訣は?

チェウォン (98歳の女性からの質問、と聞いて驚きながら)よく食べることと楽しいドラマを撮影すること。もしかしたら、ドラマのなかできれいに撮っていただいたから、美肌だと思われたのでしょうか?

──シフさんもお肌がキレイですよね!

シフ 僕は運動をよくします。たまに皮膚科にも行きます(笑)。

──シフさんが、女性に言われてうれしい言葉は?

シフ やはり俳優なので、演技をほめられるとうれしいです。表情の演技、目の演技がいいですね、と言われると気分がいいですね。

──チェウォンさん、シフさんの意外な一面を教えてください。

チェウォン 今回は馬に乗るシーンが多かったので森のなかでの撮影がたくさんありました。私はソウルから車に乗って連れて行ってもらう、それだけでもう疲れてしまいましたが、シフ先輩は森や山が好きなようで、それが意外でした。
シフ 僕はつねに今の状況を楽しもうと努力するタイプなんです。山は空気がいい。旅行を楽しむような気分で行くとストレス解消にもなりますよね。今回は森のなかでスタッフと肉を焼いたり、小川に足を浸したり、椅子を置いて休んだりしました。実は以前「イルジメ〔一枝梅〕」を撮影したとき、時代劇に苦労してもうやりたくない、と思いましたが、今回また挑戦してみて、僕はつくづく時代劇体質だとわかりました。いい作品があればまたぜひやりたいですね。

──チェウォンさん、涙を流す演技が上手ですが、泣くシーンではどんなことを考えていますか?

チェウォン 今回のドラマはスタートした直後は展開が速く、正直ついていくのが大変でした。でも、現場でたくさんの人が手助けしてくれて1話ずつ進んでいくうちに、次第にセリョンという役に入り込んでいくことができました。

(2ページ目/全4ページ)
1 2 3 4
Text by Mochizuki Mitoshi
Photograph by Onodera Hironobu
HOT CHILI PAPER Vol.71(2012 JULY)より

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています
※記事内の発言や情報は発刊当時のものです

誌面ギャラリー

人気の記事