2月に入隊したイ・スンギが本物の王子になった「キング~Two Hearts」共演ハ・ジウォンとはドラマ以上に相性抜群!

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています

HCP72_024-027_LSG&HJW_main

イ・スンギ×ハ・ジウォン
撮影の合間にはグルメネタで意気投合!
ふたりで次の共演作もひそかに検討中!?

HOT CHILI PAPER Vol.72(2012 SEP.)より

「もしも大韓民国が立憲君主制だったら?」というユニークな仮想設定のもと展開されるドラマ「キング~Two Hearts」で、韓国の王子ジェハを演じたイ・スンギと北朝鮮の特殊部隊の女性教官ハンアを演じたハ・ジウォン。そんなふたりの豪華ツーショットインタビューが実現!
 ドラマではジェハとハンアが紆余曲折の末に愛を育んでいくが、実際のふたりの相性はいったい? どちらも明るく気取らない性格で、インタビュー中もお互いの回答に大笑いしたり突っ込んだりと終始笑いの絶えないひとときとなった。

──まずはお互いの印象について教えてください。

イ・スンギ(以下スンギ) 共演する以前にあるイベントでジウォン先輩と初めてお会いしたとき、「絶対に共演したいです」と話したことがあるんです。初対面でいきなり失礼ですよね(笑)。でも本当にその夢が叶い、先輩が演技している姿を間近で見られることがうれしかったです。
ハ・ジウォン(以下ジウォン) テレビで見ていた印象よりももっとずっと情熱的! こんなにも一生懸命にやるなんて思っていませんでした(笑)。あとスンギさんのおかげでいつも撮影現場が楽しく愉快だったのがよかったです。

──序盤のジェハとハンアはいがみ合ってケンカばかりしていましたが、演技だとわかっていながらも「腹が立つ~!」と感じたことはありませんでしたか?

ジウォン ジェハが気に障ることを言うたびに、スンギさんの演技が上手すぎて本当に憎たらしかったです(笑)。特に「あんたは女じゃないんだ」と言われて私が涙を流すシーンがあるんですが、あのときばかりは殴ってやりたかったです(笑)。
スンギ 演じながら申し訳ないと思いつつも、妙に快感だったりもして……。
ジウォン えっ? そうだったの?

──第2話の「首筋キスシーン」が話題になりました。イ・スンギさんがこのシーンをベッドシーンだと勘違いしてしまい、驚いた監督に首を引っ張られたと聞きましたが?

スンギ そうなんですよ~、あれは完璧に僕のミスです。
ジウォン 台本の解釈が間違ってたんだよね。
スンギ 僕はもともと台本をかなり読み込むほうなんですが、一度読み間違えたらそのあとに何十回読んでもずっと間違えたまま頭に入れちゃうんですよ。あのシーンの説明には「ハンアが横たわっている後ろに座る」と書いてあったんですが、僕はずっと「ハンアの後ろに横たわって寝る」だと勘違いして、リハーサルのときに先輩の後ろに横になったんです。先輩はすっごくびっくりしたみたいですが、あの頃はまだそれほど親しくなかったので口に出せず、監督が飛んできて僕の首を引っ張りました(笑)。
ジウォン 撮影が始まったばかりで、まだぎこちない関係だったので、私は内心「この状態でいくの? かなり積極的な人なのね。歳も若いのに、こういうシーンをいろいろと研究してきたのかな?」って思いました(笑)。
スンギ 実は最初から口説く気マンマンで後ろに思いっきり横たわったんですけどね! なんちゃって(笑)。

HCP72_024-027_LSG&HJW_sub1

──親しくなるためにお互いに何か努力しましたか?

スンギ 僕はもともと食べることが大好きなので、おいしいものがあればジウォン先輩やスタッフの分もたくさん買って持って行き、現場で一緒に食べながら仲良くなりました。
ジウォン 私もおいしいお店を探してまわるのが好きなんですが、スンギさんがすごく詳しいんです。なのでいつも食べ物の話ばっかりしていました(笑)。
スンギ そう、そう!
ジウォン 撮影中は忙しくて本来ならば一緒にご飯を食べるのは難しいんですが、監督がわざわざ時間を作ってくださったおかげで、おいしいうなぎやタットリタン(鶏と野菜のピリ辛煮)を一緒に食べたよね。

(1ページ目/全2ページ)
1 2
Text by Kawamura Sachie
Photograph by Joo Sung Young
HOT CHILI PAPER Vol.72(2012 SEP.)より

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています
※記事内の発言や情報は発刊当時のものです

誌面ギャラリー

人気の記事