ドラマ「太陽の末裔」でシンドローム再燃中! ソン・ジュンギの恐るべき演技力を3年前に刻印した『私のオオカミ少年』

(4ページ目/全4ページ)

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています

──韓国では「新入生がキャンパスで出会いたい先輩ランキング」で見事1位に選ばれました! その理由のほとんどが「優しそうだから」ということでしたが?

「実際の僕の性格を知ったら、みんな失望しそうですね。僕は後輩にご飯をおごったりする先輩ではありませんでした。けっこう意地悪な先輩でしたから、そのアンケート結果に個人的には共感できません。ファンの前でも素直なタイプなので、失望したファンもいると思います」

──世間のイメージとはかなり違う?

「はい、気になることがあればファンを叱ったりもします。なので『想像していたイメージと違う』と失望する人も少なくないでしょう」

──息子を持つ母親たちの間では「ソン・ジュンギみたいな息子にしなくては」というのが合言葉だと聞きました。

「そうなんですか。僕は可能なかぎり両親を傷つけることなく生きていこうと努力しています。でも努力しても、傷つけてしまうことはもちろんありますけどね」

HCP75_014-023_SJG_sub2

──日本での人気は実感していますか?

「正直、わかりません。僕のところまでしっかり伝わってきませんから。海外での人気にはあまりこだわりません。こだわっていたらグンソクがすごくうらやましくなったことでしょう(笑)。ただ、僕はすごくいい時代に生まれたと思います。韓流というすばらしい流れが何年も続き、そのなかで自分も活動させてもらっていることに何より感謝しています。ファンミーティングで大阪に行ったとき、ある韓国の人から『ジュンギさんのような韓流スターが活躍することで、日本にいる韓国人もずいぶん生活しやすくなった』と言われたんです。僕はまだ韓流スターではありませんが、たくさんの人に見られる職業であることを忘れてはダメだなと思いました」

──最後に、日本のファンにメッセージを。

「夏にはウェットティッシュ、冬にはカイロをたくさん送ってくださり、心から感謝しています。僕に必要なものが何かをわかってくださっていますね。僕もプレゼントを贈ったことがあるのでよくわかりますが、いただいたものはすべて使わせてもらっていますので、安心してくださいね。また早く日本でファンミーティングができるように計画しているので、もう少し待っていてください。ファンのみなさんにメッセージを言おうとすると、なんだか照れちゃいますね(笑)。そうですね、とにかく失望させない俳優になります! これからも応援よろしくお願いします」

 想像していたイメージと違って失望するどころか、このインタビューでいっそう興味がわいてしまった。きっとこちらの緊張を和らげようと面白おかしくオーバーに話してくれたことも多いと思うが、いやいや、もしかしたらすべて本音だったりして? そして気になるのが彼のお母さん! イメージでは上品で静かなお母様だが、「稼いできなさい!」なんて面白すぎる。まだまだジュンギ・ワールドは奥が深そうだ。

(4ページ目/全4ページ)
1 2 3 4
Text by Kawamura Sachie
Photograph by Joo Sung Young
HOT CHILI PAPER Vol.75(2013 JUNE)より

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています
※記事内の発言や情報は発刊当時のものです

誌面ギャラリー

人気の記事