超新星グァンス&ゴニルの当たり役となったミュージカル『RUN TO YOU』4年前の初舞台ロングインタビューをPLAYBACKチェッキン!

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています

__HCP72_K&G_main

グァンス&ゴニル from 超新星
超新星の人気コンビ“K&G”が熱く吼える! ミュージカル『RUN TO YOU~俺たちのストリートライフ~』男気あふれる魂の叫びに耳を傾けろ!

HOT CHILI PAPER Vol.72(2012 SEP.)より

 09年に日本でデビューし、J-POP界で確かな成長をとげた男性6人組、超新星。昨秋のリーダーのユナクの入隊後もその勢いは止まることを知らず、並行してソロ活動も活発化。それぞれが俳優としても活躍中だ。
 そんななか、ラップ担当のゴニルとグァンスがこの秋、ミュージカルに初挑戦! 10月6日から大阪松竹座で上演される『RUN TO YOU~俺たちのストリートライフ~』に出演する。オリジナルは昨年ソウルで上演された『STREET LIFE』で、韓国の人気グループ、DJ DOC(以下DOC)の曲をふんだんに使用したジュークボックス・ミュージカルとして人気を博した。主人公は劇題と同名の3人組ヒップホップグループで、ふたりはそのメンバーで主役のジェミンをダブルキャストで演じる。
 DOCはラッパーでリーダーのハヌル、ラッパーのジェヨン、ヴォーカルのチャンニョルからなる3人組。台湾(アレックス・トゥー)、日本(DJ OZMA)でもカバーされたメガヒット曲「RUN TO YOU」の生みの親だが、同時に、暴れる舌、そして行動から〈K-POP界の悪童〉の異名をとる。ここでは書ききれないほどの数々の武勇伝を残しているが、ファンは彼らに理があることを知るがゆえ、DOCを支持。94年のデビューから今に至るまで、トップミュージシャンとして愛されてきた。

HCP72_001-013_K&G2

「メンバー間の友情や恋物語、そして人生で起きるハプニングと熱狂を描いています」(グァンス)というこのミュージカル。見どころは、イルでワルなヒップホップ野郎を甘いマスクとモデル並みのスタイルのふたりがどう演じるか、にある。製作発表会後の取材ということもあり、きっちりとしたスーツで撮影に臨んでくれたが、発言はすべてフロムストリート。牙をむいたK&G(グァンス&ゴニル)にご注目あれ。

──出演のオファーをもらったとき、どう思いましたか?

グァンス ソンジェくんやソンモのミュージカルを観たとき、僕もやってみたいと思っていたので、すごくうれしかった。DOC先輩はレジェンドのような存在で、彼らの役を演じることはとても光栄。ファンのみんなに先輩のすばらしさを100%伝えたいです。
ゴニル ミュージカルは芝居、ダンスに加えて歌が重要。僕は歌が下手なので(笑)、実は不安でした。でも、DOC先輩の音楽をみんなに伝えることが大切なので、歌の実力は関係ありませんよね。ミュージカル俳優のようにプロフェッショナルな姿を見せたいと思います。

──歌が不安とのことですが、おふたりのパートは歌というよりラップですよね?

ゴニル 基本はラップです。けど、DOC先輩の音楽をよく聴くと、歌っぽいラップとか、メロディアスなラップがすごく多い。ラップというより、歌に近いと思いますね。

──オリジナルのミュージカルはご覧になりました?

ゴニル 映像で観ました。ジェミン役の方の演技がすごく上手で、「彼に負けないように、彼を超えるように、がんばらないといけないな」と刺激になりました。
グァンス セットリストが全部DOCさんの曲だから、すごく面白くて。みんながいつもカラオケで歌っている歌がミュージカルになっているので、反応もすごくよかった。日本のファンの方にも、その感動、楽しさを早く伝えたいですね。
ゴニル 本当にいい曲ばかりで、特に(タイトルにもなった)「RUN TO YOU」は日本でも有名ですよね。楽しんでもらえると思います。

HCP72_001-013_K&G3

──何曲くらい歌いますか?

グァンス 本編は17、18曲なんですが、アンコールをあわせると20曲以上。盛り上がって、本番の雰囲気次第では、アンコールが長くなるかもしれません。

──タイトルが『STREET LIFE』から『RUN TO YOU~俺たちのストリートライフ~』になった理由をそれぞれ、どのようにお考えですか?

ゴニル 「このミュージカルが日本のみなさん(YOU)のところに行く」という意味で「RUN TO YOU」です。
グァンス 日本のファンの方もこの曲は絶対知っているというのが一番の理由。そして、ストーリーのなかでこの曲が大事なきっかけになるので、それも関係していると思います。

(1ページ目/全5ページ)
1 2 3 4 5
Text by Abe Yasuyuki
Photograph by Onodera Hironobu
HOT CHILI PAPER Vol.72(2012 SEP.)より

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています
※記事内の発言や情報は発刊当時のものです

誌面ギャラリー

人気の記事