祝デビュー6周年♬ BEASTからトップバッターでソロデビューしたヨソプ。その歌声は国宝級!! MVで挑戦した初キスはコーヒー味?

(4ページ目/全4ページ)

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています

──デビューアルバムはジュンヒョンさんがプロデュースに参加し、「カフェイン」はジュンヒョンさんが作詞、作編曲を担当しています。これはヨソプさんから頼んだのですか?

「はい! このアルバムは単なる僕のソロアルバムではなく、BEASTの作品の延長線上にあると思って準備しました。それで、僕からお願いしました」

──ヨソプさん直々のお願いなら、即答でOKの返事がもらえたんじゃないですか?

「『いい機会だ』とOKしてくれました。今は歌っている僕よりプロデュースのジュンヒョンくんのほうがお金を稼いでいると思います(笑)」

──韓国語バージョンは11月に発表されたこともあって、曲調や詞の設定が冬向きに感じます。それに対し、日本語バージョンのリリースは5月。歌い直すに当たって注意した点は?

「どちらのバージョンも〈歌を〉というより、〈ストーリーを〉聞かせたいという気持ちでレコーディングに臨みました。ステージ上での気持ちも同じでアルバム全体を通して季節は特に意識はしてないですね。実は当初、1曲目に入っている『Look At Me Now』をタイトル曲にしようと考えていたんです。でも、この曲は冬には似合わないと思ってタイトル曲を『カフェイン』にしたんです。季節感を意識したのはそのぐらいですね」

HCP75_030-035_YYS_sub02

──カバー曲の「Another Orion」も注目曲ですね。この歌で描かれるような、想い合っていても別れる男女はどう?

「気の毒だなって思いますね。サビの部分の『君のために僕は強くなる』という歌詞にグッときて、そうした状況を思い浮かべ、切なさや悲しさに没頭しながら歌っています」

 イベントの終盤には「僕はもともとロックが好きで、日本の曲ではL’Arc~en~CielさんやX-JAPANさんを聴いていました。いつか、彼らの歌をお聴かせできれば!」と語ってくれたヨソプ。次回のソロライブではロッカーに変身してくれるかも? BEAUTY(BEAST公式ファンクラブ)のみんなは予習をお忘れなく!

Shooting Sketch
かわいいは演技? ひとりじめは苦手!?

 ちょっとはにかんだ様子を見せつつも、くりっとした目をこちらに向けて1問1問しっかりと答えてくれたヨソプ。その後の撮影も序盤ではクールな表情が多かったが、進むにつれてかわいらしい表情を連発。自称「かわいいとは程遠い性格」とのことだが、本人がかわいいことに気づいてないだけなのでは? なんて思ったのは、すでにヨソプマジックにかかったからなのか。お酒はたしなまず、カレーは甘口派、そしてアイスクリームが好きというかわいらしい舌の持ち主。取材後に小さなたいやきをプレゼントすると、「うわ、めっちゃ小さい!」と驚いた顔をして、すぐにマネージャーにおすそわけ。編集部にも「僕のマネージャーさん!」と元気な日本語で紹介してくれた。「ひとりじめより共有したい」という性格は本物らしい。

(4ページ目/全4ページ)
1 2 3 4
Text by Abe Yasuyuki
Photograph by Miyata Hirofumi
HOT CHILI PAPER Vol.75(2013 JUNE)より

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています
※記事内の発言や情報は発刊当時のものです

誌面ギャラリー

関連ワード:,

人気の記事