祝デビュー6周年♬ BEASTからトップバッターでソロデビューしたヨソプ。その歌声は国宝級!! MVで挑戦した初キスはコーヒー味?

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています

ローヤーズ12-03

ヤン・ヨソプ from BEAST
日本デビューにむけて気合いたっぷり! そ・ん・な “ヨソプにみんなが首ったけ♡”

HOT CHILI PAPER Vol.75(2013 JUNE)より

 韓国と日本で人気を集めるだけでなく、昨年は14カ国をめぐるワールドツアーも大成功させたBEAST。そのメインヴォーカル、ヤン・ヨソプが5月15日に発売のソロアルバム『The First Collage -Japan Edition-』でチームの先陣を切って日本ソロデビューを果たした。タイトル曲の「カフェイン」は、忘れようとしても眠れないほどに思い出してしまう元恋人を、覚醒作用のあるカフェインに例えた切な系ソングだ。そしてボーナストラックの藤井フミヤの「Another Orion」のカバーでは、日本語でも変わらぬ感性的な歌声が楽しめる。発売に先駆け、4月26日には、記念イベント「ヨソプがみんなをひとりじめ!」を開催した。

HCP75_030-035_YYS_sub01

 投げキッスをしながらさっそうと笑顔で登場したヨソプ。「単独での来日は初めて。BEASTで来るより気分がいいですね。全員をひとりじめできますから」と語ると会場からは黄色い歓声が! メンバーも彼の日本デビューにエールを送るが、その表現の仕方にはそれぞれの性格が出ていて面白い。
「ドゥジュンくんは『ファンのみんなにいい声で歌を聞かせてあげて』、ジュンヒョンくん(彼の声をまねて低めのトーンで)とヒョンスンくんは『行ってらっしゃい』、ドンウンくんは『キャリーバッグに入って、一緒に日本に行きたい』、ギグァンくんは『健康食品を(お土産に)買って来て』と言ってくれました。そして、みんな僕がファンをひとりじめするので焼きもちを焼いています。一番はドンウンくん!」とのこと。
 ほとんどのトークを日本語でこなし、自らファンとの距離を縮めた。「ヨソプくん、背が高い」「なるほど」「最後までがんばります」がマイブームの日本語だ。ホッチリは歌とトークで会場いっぱいのファンを魅了したヨソプをキャッチ! 日本デビューに向けての想いを聞いた。

──グループからトップバッターでのソロデビューですが、プレッシャーはありますか?

「やはり大きなプレッシャーを感じますね。BEASTの名前に泥を塗らないように一生懸命がんばっていきたいと思っているので、緊張しています」

──ほかのメンバーもみんな応援してくれているんですよね。

「はい!みんなの応援が『日本でがんばらなきゃ!』っていう僕の原動力になっています!」

──イベントにはファンを招待し、全員の視線とハートをひとりじめ。「会場の全員が自分を見て恥ずかしい」と言っていましたが……。

「ひとりでイベントをするのでたくさん心配しましたが、全員が僕のファン。開催前から楽しみでした」

──今回はファンを独占したわけですが、ファン以外にもひとりじめしたいものはありますか?

「僕の性格上、何かをひとりじめするというのはあまり好きじゃないんです。自分だけのものにしたり、ひとりで食べたり、何かをしたりというのが苦手で。いいものがあれば、メンバーと共有したいし、分かち合いたい。そういった気持ちのほうが大きいですね!」

──ちなみに最近メンバーと共有したものは?

「(質問を訳している途中で即答)お金です(笑)。僕たちはデビューしてから、いつもお金を公平に6分の1ずつ分配しています。つい先日もCM出演でいただいたお金を均等に分けたところなんです」

(1ページ目/全4ページ)
1 2 3 4
Text by Abe Yasuyuki
Photograph by Miyata Hirofumi
HOT CHILI PAPER Vol.75(2013 JUNE)より

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています
※記事内の発言や情報は発刊当時のものです

誌面ギャラリー

関連ワード:,

人気の記事