12月にアルバム『For You』発売! INFINITEのイケメンNo.1、Lがイケメンバンドのクールなギタリストに! 役作りのお手本は?

(2ページ目/全2ページ)

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています

──このドラマの撮影中に誕生日を迎えました。現場にINFINITEのメンバーが訪ねてきてお祝いしてくれたと聞きましたが?

「ケーキと一緒にメンバーのやさしい気持ちをプレゼントしてもらいました。うちのメンバーって表現下手で無愛想に見えますが、実はすごく思いやりにあふれているんですよ。ドラマを見てくれているのは知っていましたが、だからといって、ベラベラと感想を言ったりしません。でも、通り過ぎる瞬間にいきなり『ドラマ楽しく見てるよ』と言ってくれたり。この短い言葉にたくさんの想いがつまっているって僕にはわかるんです。だてに長い時間を一緒に過ごしてきたわけじゃないですからね」

──ドラマではささいな誤解がきっかけでバンドメンバーの心がすれ違ってしまいますが、INFINITEにもそんな出来事はありますか?

「もちろん。一緒にやって3~4年ぐらい経ちますけど、これまでたくさんケンカしました。でもケンカのたびに絆が深まったと思います。女性にはわからないかもしれませんが、男同士ってそういうところがあるんですよ」

HCP74_064-071_L3

──ケンカしたら、どうやって仲直りするんですか? 

「僕たちの場合、ケンカをした直後はいっさい口をききません。ただ黙って過ごします。例えば、そのあと僕がテレビを見ていると、さっきケンカしたメンバーがこっちにやってきて、いきなり別のチャンネルに変えたりします。そしたら僕が『人が見てるのになんで勝手に変えるんだよ!』と言ってケンカになりますよね。『なんだよ!』『うるさいんだよ!』と言い合いながら、突然どちらからともなく『チキン食べる?』となって、『うん、食べよう』って。チキンを食べながら自然に仲良くなるのが僕たちならではの仲直り術です。女性の読者の方にはきっと理解できませんよね? これが男の世界なんです(笑)」

──このドラマの共演者とケンカになってしまったことは?

「おかげさまで仲良く撮影できました。同世代の俳優が揃っていたので、現場にいる時間がとても楽しかったです。INFINITEのメンバーと過ごすのとはまた違って、たまには新鮮でいいですね」

──これから挑戦してみたいキャラクターは?

「いろいろありますが、やっぱり男ならアクション!『アジョシ』でウォンビンさんが演じたキャラクターを自分が演じたらどうなるかなと考えながら、たまにひとりで盛り上がったりします。いつか必ず、あんなキャラクターを演じてみせるので、ファンのみなさんにはぜひ楽しみに待っていてもらいたいです!」

HCP74_064-071_L4

 今回インタビューしながら思ったのは、「あれ、こんなにおしゃべりな人だったかな」ということ。前にINFINITEのメンバー全員揃ってインタビューをしたときには、率先して話すというよりも聞き役にまわっていたことが多かったような……。
「正解です! かなりおしゃべりになりました(笑)。このドラマをきっかけに性格が明るくなったと思います。人間的に成長したのかもしれませんね。な~んて、ちょっとかっこよく言いすぎかな(笑)」
 エル自身に大きな変化と成長をもたらしたドラマ「美男〈イケメン〉バンド~キミに届けるピュアビート」。そう聞いてから、改めてヒョンスを演じるエルを見てみると、また違った面白さを感じるかもしれない。

(2ページ目/全2ページ)
1 2
Text by Kawamura Sachie
Photograph by Joo Sung Young 
HOT CHILI PAPER Vol.74(2013 FEB.)より

※過去のインタビュー記事をウェブで公開しています
※記事内の発言や情報は発刊当時のものです

誌面ギャラリー

人気の記事